スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイコンのマグネット

2009年12月17日 00:00

20091215mg01.jpg

サイコンのセンサーの話―。 マグネットをスポークに取り付けて、それが回転してセンサー部分を通過するコトによって情報が送られるよネ。
取付方法は台座とマグネットでスポークを挟み込むのが一般的だと思う。オイラもこれまで使用してきたサイコンのどれもが、この取付タイプのものだった。

…が、今回投入したアルシスの場合はそうもいかないのダ。。。
20091215mg02.jpg
アルシスのスポークはカーボンを巻いたちパイプ状のスポーク
高剛性カーボンで出来たストローみたいなモン。

20091215mg03.jpg
だからコレまでのスポーク(手前:カムシン)と比べると倍ぐらい太い。。。
尚且つ、パイプ状なんで通常のマグネットが使用できません。

…んじゃどぅやってマグネットつけりゃいいんだ??

と、アルシス購入したものの知らないでいたので、疑問だったのダ。。。

20091215mg04.jpg
そしたらアルシスの付属パーツにこんなモンがありやした。

20091215mg05.jpg
半円に竹割りしたような形状のアルシス専用マグネットでございヤス♪
かなり強力にくっついてマス(^▽^)

20091215mg06.jpg
スポークに台形のアダプターを上下にセットして、間にマグネットを取り付ける。

20091215mg07.jpg
あとは台座をマグネットに合わせてスライドさせるだけ。

20091215mg08.jpg
8時の方向のスポークにマグネットが付いてマス。見た目もスマートでございヤス♪

ちなみにマグネットはチューブバルブと対象方向のスポークに取り付けると
バランスよく、回転にも影響が少ないんデスと。 へぇ~~~っ♪

マグネットの語源は古代ギリシャのマグネシア地方で産出された石…へぇ♪とヨロシク ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bakacharhy.blog17.fc2.com/tb.php/841-33e0c15c
    この記事へのトラックバック