スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご協力を宜しくお願いしマス♪

2010年06月12日 13:24

ココんところやたら調子が良いモンで、オイラ自身も「えっと?何の病気で入院してるんだっけ?」と忘れがちだケド(…んなバカな)、こぅみえてもオイラは急性前骨髄球性白血病患者なワケで…(^~^;)

自分が白血病になってから、やっぱしその“白血病”とやらがどんな病気で、今でも不治の病なのか?
…同じく闘病生活をしている人はNet上にどのくらい居るのか? …それとどんな支援サイトがあるんか?
…とまぁ病床にNet環境があるとそれを調べて時間を潰すコトもあったりで。。。

オイラが闘っている白血病は、他のリンパ腫系や骨髄性系と比べれば優しい白血病で、生存率も高いのは分かった。白血病の治療過程ってヤツはそんな大きく変わらないんだろぅケド、少なくともオイラの白血病は骨髄移植を必要としないらしい(…移植を必要とする程、悪化してなかったと言うべきなんだろぅか?)
そんな程度の白血病でさえ2年後の生存確率60~90%、入院生活は約4ヶ月で抗がん剤投与3期間、退院後の再発率60~80%、スムーズな状態でも完全完治するまでには5年の月日がかかるらしい。
なんだかんだ言ったって生易しくないのが・・・この白血病ってヤツなんだなぁ。オイラの闘病以上に苦しみがある白血病だなんて、、、白血病の端くれのオイラでも恐ろしくて想像したくないョ。

20100612bank.jpg

ただ実際に現在も約25,000人もの白血病患者が闘病生活を送っており、そのうち骨髄移植を必要とする患者数は毎年およそ3,000人居るらしい。
「なんだたったの3,000人かぁ、そのくらいならドナー足りてるんじゃン?」と思いきや…、ご存知の通り骨髄には適合、不適合があるんで、患者1人に対して100の骨髄を必要とするとするらしい。
現在のドナー登録者数は約22万人。…あと8万人の勇気と優しさが届けば、骨髄移植を待つ3,000人の命が助かる可能性がグンと高くなるんデス。 

そんなワケでオイラもドナー登録を!…と言いたいトコロですが、この病気と闘っている身でドナー登録を残念ながら受けられません。今のオイラが出来るのは、Blogを見に来て下さった仲間の皆さんにドナー登録を呼びかけるコトぐらい。。。だから、このBlogの右側にリンクバナーを置きました。
ドナー登録するには一定の条件をクリアする必要があるので、まずは一度そのリンク先を訪ねて下さい。

kotsuzuibank.jpg【 ちゃりジャンからのお願い 】
ドナー登録バナーの持ち帰りは自由デス。下記赤文字部分をコピーして、MyBlogの片隅に貼り付けて下さい。画像(img src=)は出来れば、ご自身のBlog内に登録してご使用下さい。
<a href="http://www.donorsnet.jp/index.html" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-43.fc2.com/c/y/a/cyarijun/kotsuzuibank.jpg" alt="JMDP 日本骨髄バンク" border="0" /></a>

ドナー登録になんとなく抵抗がある方は、その下のクリック募金のバナーをポチッと♪
白血病患者が助かるワケじゃないケド…少なくともこうして自由にNetを楽しめる自分達より困難な生活を送る世界中の人達を、ほんのチョッと救うコトが出来るかも知れません。。。

今よりもホンのチョッとの勇気と思いやりで…ポチッ♪とヨロシク ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ



コメント

  1. from trueblue66 | URL |

    Re

    ドナー登録バナー
    さっそく当方ブログにお貼りいたしました。
    すこしでも協力できればと。。

  2. from ノブマツ | URL |

    Re

    お久です。
    体調がよくって何よりですね~。
    あわよくば、このまま第二ステージゴールインなんてことになれば最高です(笑)
    ボクもドナー登録して18年になりますが、実は一度もお声掛けありません。今更ながら適合率の低さを実感しています。だから、確率を上げるには分母を増やすしか手が無いんですね。昔はドナー側の身体的負担も大変でしたが、今は献血レベルの負担です。ぜひ、登録者が増えてもらいたいものです。

  3. from Say. | URL |

    【6/12】皆さんにコメント返し

    trueblue66さんへ>
    ご協力ありがとうございマス。
    今日もまたドナーを必要とする白血病患者さんが入院してきました。
    オイラは必要としなかったケド、目の当たりにするとやっぱ深刻に考えます。
    ほんと、ありがとうございます。
    ノブマツさんへ>
    適合率の低さ、ほんと分母をあげるしかないのが現状でしょうね。
    献血のように軽い気持ちで受け止めてもらえれば良いんですが、その献血さえも
    人事のように受け流しているのも現状。。。
    そういうオイラだって、生まれてこの方、1度しか献血した事がない。。。
    そしてもぅ献血の出来ない身体になってしまった。。。
    それが凄く寂しいです。 ・・・健康な方はそうなる前にぜひご協力をお願いしたいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakacharhy.blog17.fc2.com/tb.php/980-f71bc5d0
この記事へのトラックバック